このページでは、血管を柔らかくするのを助けるDHA・EPAサプリについて、ランキング形式で詳しく紹介しています。

  • 「血管年齢が気になる歳になった」
  • 「血液に良いものを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

血管を柔らかくするDHAサプリランキング

血管が硬くなるとどうなるの?

・お酒が大好きでよく飲む
・たばこを1日10本以上吸う
・魚よりも肉が好き!
・中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が高い
・血圧が高い
・血糖値が高い
・以前よりお腹周りの贅肉が気になる

ご自身に心当たりのあることはありましたでしょうか?
実は今あげた項目はすべて、血管の老化を促進する要因とされているものです。お肌と同じように、歳を重ねるごとに血管も老化が進みます。そこにさらに追い打ちをかけてしまうのが、上記の生活習慣なのです。
上から4つのチェック項目は、「動脈硬化症」を引き起こす危険因子です。それ以外のチェック項目も、血管をもろくして結果的に動脈硬化症を引き起こしてしまう危険因子とされています。
みなさんは「動脈硬化症」がどのようなものかご存知でしょうか?読んで字のごとく「動脈が硬くなること」ですが、果たしてそれだけでしょうか?
動脈硬化症は、血管そのものが硬くなってしまう場合と、血管の内側に処理しきれなかったLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が付着して起こる場合があります。後者では、血管の内側に付着したコレステロールの塊(プラーク)に負荷がかかって破裂することで、血管内に血栓ができて血液の流れが絶たれます。これが心臓の血管で起こると、いわゆる「心筋梗塞」という状態になります。脳で起これば「脳梗塞」、下肢で起こると歩く度に痛みが走り、休み休みでないと歩けなくなるといわれています。
動脈硬化症は、最悪の場合、死に至る非常に危険な病気の要因となります。少しでも心当たりのある人は、動脈硬化症にならないためにも、今日から対策を立てましょう。

硬くなった血管は柔らくなりますか?

血管は硬くなってしまったら、二度と元の姿に戻らないのでしょうか?
血管もお肌と同じように、適切な栄養を与えれば若返らせることは可能です!
「もう手遅れだ」と諦めるのではなく、日々の食事や生活習慣を見直し、少しでも血管の健康維持に努力をしてみましょう!
具体的には、どのようなことを日々の生活に取り入れたらいいのでしょうか?
答えは、前述の「血管が硬くなるとどうなるの?」のチェック項目の中にあります。つまり、チェック項目にある生活習慣を改善していけばいいのです!
お酒やたばこは節制をおすすめします。すぐにゼロにすることは難しいと思います、それが嗜好品というものです。そのため、少しずつでいいので摂取する頻度を減らすことから始めてみましょう。
健康な血管の大敵であるLDLコレステロール値が高い場合は、どうしたらよいでしょうか?お肉に含まれる飽和脂肪酸はLDLコレステロールを増やす要因となるため、お魚を摂取する頻度を増やしてみましょう。魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸は、血中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、LDLコレステロールのお掃除をしてくれる役割があります。また、このHDLコレステロールは、運動によっても増えるので、日々の生活に運動を取り入れてみましょう。
さて、血圧が高かったり血糖値が高い方は、医師に処方された薬を服用している方や管理栄養士による栄養指導を受けている方もいらっしゃると思います。このような場合は、無理に生活改善をしようとせず、医師や管理栄養士と相談をしながら、自分にあった方法を提案してもらうようにしましょう。

血液を綺麗にしてくれる食べ物は?

硬くなった血管を軟らかくするためには、血管の中を流れる血液を、サラサラ健康な血液にしてあげることから始めてみましょう。
みなさんは「血液をサラサラにしてくれる食べ物」と言われたら、なにが思い浮かびますか?
やはり「納豆」が最有力候補でしょうか?
納豆にはナットウキナーゼが含まれており、この酵素が血液をサラサラにしてくれるといわれています。しかし、意外と納豆には弱点があります。納豆は嫌いな人が多かったり、薬と相性が悪い場合があり、好きな人にとっては毎日食べてもヘッチャラな食べ物ですが、弊害もある食べ物です。
その他にも、黒酢のクエン酸やたまねぎのアリシン、魚のDHA・EPAや亜麻仁油など、血液をサラサラにしてくれる食べ物はたくさんあると思います。
大切なことは、これらの成分の特性を理解し、効率よく摂取するということです。たとえば、たまねぎのアリシンは水に溶けやすい成分のため、生食用に薄くスライスしても水にさらしてしまえば、アリシンは流れ出てしまいます。亜麻仁油も酸化しやすく熱に弱いため、加熱調理には向きません。
みなさんも知らず知らずのうちに、食材に含まれる血液サラサラ成分を捨ててしまっているのではないでしょうか?
食材に含まれる栄養素を、無駄にするのも最大限に引き出すことも、調理の仕方・食べ方ひとつで変わることを覚えておきましょう。

DHAサプリを上手に利用しましょう

必要な栄養素だけ集中的に摂取したい!
そんな要望を叶えてくれるのがサプリメントです。
経験をしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、魚に含まれるDHA・EPAを、厚生労働省が定めた推奨量(1日1000mg)分摂取することは、意外と大変です。大きめのアジでも、1日2尾は食べないと足りない量なのです。
「健康のために…!」と思って、食事自体の摂取量が増えてしまっては元も子もない話です。かといって、DHA・EPAが豊富に含まれているマグロ(トロ)を毎日食べることは、予算的に厳しいですよね。また、仕事が忙しく、魚を買いに行ったり焼いている余裕が無いという声も度々聞きます。健康を意識した魚の摂取は、なにかとハードルが高くなっているのが現状です。
そのハードルを少しでも低くする手助けとなるのが「DHAサプリ」です。毎日の食事から栄養を摂取することが大事ではありますが、足りないところをサプリメントで補うことで、より簡単に健康維持が可能になります。
日々の生活の中にDHAサプリを取り入れる際は、容量を守り、薬を服用している場合は、必ず医師に相談しましょう。そして、毎日服用するものだからこそ、自分の体質に合うDHAサプリを選ぶようにしましょう!

血管を柔らかくするサプリ 私のイチオシは【】

更新日:

Copyright© 血管を柔らかくするサプリランキング【生活習慣を見直すと同時にサプリで改善】 , 2018 All Rights Reserved.